スノボ 大麻 それから キャリアップ目的の看護師転職もあり

看護師転職のキャリアアップのススメ伊賀市役所/上野図書館
自分は病院の常勤医師です。
なので、看護師の転職については、結構な数居合わせたりしています。

この数年前から、看護師はどの老健施設でも病院でも介護施設でも福祉施設でも、引っ張りだこな職業です。
何故ならば、看護師の多く配置している病院に、厚生労働省が高額の診療報酬を与える方法を推進したいきさつがあるのも一因です。今は、そのやり方も転換期を経過していますが、どの病院としても看護師という人材を多量に求人をうたっている状況に変化がありません。

それならば、看護師の転職の時には、どのような条件に注意して進めて行く必要があるのでしょうか。
考えるとっかかりとしては、福利厚生、人間関係、給料、勤務体系などが挙げられます。

一番目は給料ですが、どの病院でも介護施設でも福祉施設でも老健施設でも、大変良い条件を提示されています。ですが、介護施設では、夜勤が認められていないことや、基本給がそのままであがらないことも、知り合いからの話でよく出ることなので、気をつけなければなりません。

二番目に福利厚生ですが、病院や老健施設や福祉施設や介護施設では、有給休暇取りたくても取れないと聞きます。けれども労働基準監督所に見つからないように工作されているため、外部からは検知できないようです。

では次は人間関係です。病院という場所とはいえ看護師同士のいじめがあると聞きます。妻の病院でも私の病院でもいじめ自体があった過去があります。
仕事の進みが悪い看護師が一人でもいる時、そのような陰気な関係に変わってしまうようで、そんな感じで転職してから初めて発見できることが大量です。

しからば最後に、勤務形態です。
私がいる病院では、3交替から2交替にシフトしていっており、その方が通勤の時間を無駄にせず就業可能ですが、半面、集中力低下から、医療事件が発生する可能性内に宿すことになります。

これらのデメリットを看護協会などで出来るだけたくさんヒアリングして、看護師転職について深く考える必要があります。
自分が想いはせる好条件職場というのは思うほどないので、無考えに転職するのではなく、1つの職場に留め置くのも重要なことだと思います。